Posted by at

2010年05月12日

農薬を誰が広めたのか?

カナリア書房
アジアで農業ビジネス チャンスをつかめ!

アジア農業で活躍する日本人icon97として
モロヘイヤヌードル製造元ハーモニーライフ社の大賀昌氏が
紹介されました♡

取材=近藤昇

タイの農業の99.8%は農薬を使用している

いくら自分のところだけ
無農薬栽培を進めたところで
水の問題は解決できない

周囲の水が汚染されてしまえば
現実的には
無農薬は不可能である

大賀さんは大学時代に
海洋研究に没頭した際
水の汚染に関して詳しくなった

植物プランクトンについても研究を行った
このときの経験が
汚染を防ぐための
天然洗剤の開発icon11に繋がっている

そんな大賀さんに
日本とアジアの農業について尋ねると
日本政府が
途上国に実施する農業支援についての
功罪に言及する

「確かに農業支援は必要なこと
しかし、農業支援と称して
結局、日本が
農薬と化学肥料を
アジアに広めたのです

もっと正しい農業を
アジアに伝えることが大切なのに

日本はお金だけでなく
もっと貢献できるところがあるはずです

今、大賀さんは
無農薬有機農業を広めるために
農業研修を実施
敷地内に宿舎もある

研修生は年間400名で
その内100名以上が日本人だ
他はタイ人がほとんどだが
インド人などもいる

「農業指導は積極的に行っていきたいです

タイの農村などにも出掛けます
スリンという村では指導のもと

村全体を無農薬有機栽培の稲作に
転換した実績もあります


無農薬栽培にすることで
お米の価格も高く取引されicon14
生産性も高まりicon14
農民の健康も良くなり大成功していますicon14


  


Posted by ブルーポピー at 19:07Comments(0)

2010年05月12日

水が出なければタイで農業は成立しない

カナリア書房
アジアで農業ビジネス チャンスをつかめ!

アジア農業で活躍する日本人icon97として
モロヘイヤヌードル製造元ハーモニーライフ社の大賀昌氏が
紹介されました♡

取材=近藤昇

当初
このカオヤイ山脈の中腹で
野菜を作る話をすると
誰もが笑っていたという

「そんな赤土だらけのところで?」と

そこで
大賀さんは
果物を作り、土壌を作り
少しずつ
赤土を黒土に変えていったicon122

「土壌作りには家畜が必要
牛や鶏の糞、草、野菜の残渣を
堆肥にして土を作っていく

これを
有機農法と呼びます」と
大賀さんは説明する

今や60種類もの農作物を
栽培するに至ったハーモニーライフ社だが
大賀さんは
その成功の要因として
』を挙げた

「素晴らしい水源icon11を確保できたことが
本当に大きい

150メートルほどボーリンをして
山脈からの水源を
見つけることができたんです

大学の教授からも
スイスに匹敵する水質』と
お墨付きまでもらって
他の場所で探してもなかなか見つからないですから」

タイで農業を始める際に
大きなポイントとなるのは
この『水』の問題だ

土地を購入したが
水が出なかったら
すべてが終わり

そのため最初は
レンタルから始めないと
リスクだけが極大化してしまう

その点
大賀さんは
その水源探しで
運を引き寄せたicon21
  


Posted by ブルーポピー at 18:00Comments(0)

2010年05月12日

伝説のスピーチに魅入られて

カナリア書房
アジアで農業ビジネス チャンスをつかめ !

アジア農業で活躍する日本人icon97として
モロヘイヤヌードル製造元ハーモニーライフ社の大賀昌氏が
紹介されました♡

取材=近藤昇

タイの首都バンコクから車で2時間ほどの郊外に
国立公園で有名なカオヤイ山脈がそびえたつ

その中腹には綺麗に区画整理された農地に
たくさんの種類の野菜、ハーブ、くだものが
栽培されている
種類は約60類

「将来的には100類の野菜、ハーブ、くだものを
栽培したい」と笑顔で語るのは
この農地の主である大賀昌さんicon86

タイで無農薬有機農業の実現を目指し
1999年に
Harmony Life International Co.,Ltd.
(以下、ハーモニーライフ社)を立ち上げた

大賀さんは宮崎県生まれ
東海大学海洋学部を卒業後
福岡県の医療機器メーカーに就職し
台湾やタイでの海外勤務を経験する

そんな大賀さんがなぜ農業を志すことになったのか?

それは1992年の
「地球環境サミット」における

当時12歳のセヴァン・スズキさんの
伝説のスピーチを聞きicon102

環境保護に対する使命感を
抱き始めたのがきっかけだ

その7年後
大賀氏はハーモニーライフ社を
タイで設立する

その社名は
「人間と自然の調和」を意味している

タイで農業ビジネスを
スタートさせた大賀さんだがicon16
日本に家族を残しicon10
自宅をも売り払いicon10
まさに
背水の陣で臨むicon10

「タイでは
農地については
法人であれば購入できます
ただし
タイ側に51%の資本がないといけない

まずはその形態で進め
今は15ヘクタールほどで耕作しています

利益を原資にしながら
少しずつ農地を耕し
拡大しているところです」



  


Posted by ブルーポピー at 16:40Comments(0)

2010年05月12日

アジア農業で活躍

カナリア書房

著者
ブレインワークス 近藤 昇
三菱UFJリサーチ&コンサルティング 畦地 裕

アジアで農業ビジネス チャンスをつかめ !





アジア農業で活躍する日本人icon97として

モロヘイヤヌードル製造元
Harmony Lifu International Co.,Ltd. 大賀 昌 氏が
紹介されました♡

有機農業を世界に広げ、タイの農家を豊かにしたいicon59



地道な活動と今まで辛抱強く積み重ねてきた事が

この様な形で御紹介頂き

主人の苦労を知っている私は

大変励みになる出来事でございますicon102  


Posted by ブルーポピー at 14:39Comments(0)